1. ソフト99広報ブログ >
  2. 99広報のオススメ製品
2017年4月24日

SUVの足元のケアに!

99ブロ編集長のタナカBです。
4月になってしまいましたが、3月にリリースとなりましたカーケア新製品につきまして、タナカBがラストのレポートをさせていただきます。
最後に紹介するのは『ディグロス ブラックシールド』



こちら、“クルマ”へのこだわりが強いユーザーに対し、高機能かつ使い勝手を追求した足回りケアシリーズ「DIGLOSS(ディグロス)」シリーズから第1弾として発売されたアイテム。
まず、『ディグロス ブラックシールド』の特長をまとめますと・・・

・広い範囲にスプレーする時は「ショート」、奥まった所には「ロング」と使い分けできる“2WAYノズル”
・タイヤ以外にも未塗装樹脂パーツやホイールハウス内にも使える!
・ツヤ出しと防汚のW効果で、お手入れは“水洗いだけ”で済む!

こんな感じの万能なタイヤお手入れ剤なのです!
同じ「ディグロス」シリーズの『ディグロス ギラエッジ』とは、また少し違ったタイプの足回りケアアイテムです。
『ディグロス ギラエッジ』のブログレポートはこちら

ということで、ソフト99の女性向けカー雑貨のお店「ココトリコ」によく登場しているラブリーなピンクのハスラーを使って、さっそくレポート!



『ディグロス ブラックシールド』、実はハスラーなどのSUVタイプに特におすすめなんです。その理由は後ほど説明しますね。

大雨が降った翌日だったこともあり、ハスラーの足回りは結構汚れていました。
遠目で見ると、一見キレイなようですが・・・



アップで見てみると・・・
タイヤもすっかりツヤがなくなっていますし、ホイールハウスの中にも白い汚れが目立ちます。



ホイールハウスやフェンダーガードの未塗装樹脂部分も、前日の雨の影響か、白い線状の汚れが付いて色あせたような印象。



というわけで、使う前に、まずはタイヤやホイール、ホイールハウスなど全体をしっかり洗います。



すすぎもしっかりと。



すすいだ後に付いた水滴は拭き取り、しっかり乾燥させておくことが大切です。
この時期はもう暖かいので、30分ほどで完全に乾いていました。
乾いたことを確認し、『ディグロス ブラックシールド』を使用していきます!

先ほど、2WAYノズルがこの製品の特長ということをお伝えしましたが、このように、スプレー噴射口の下についている黄色いロングノズルが2WAYノズルです。



この黄色いノズルを上げたり、降ろしたりで、場所によって最適なスプレーが可能となります。
まず、タイヤにスプレーする時は、ノズルはこのまま、ノーマル(ショート)の状態で。
スプレーする時のポイントとしては、だいたい10~20cm程度離して吹きかけること。これ、結構重要です。



最初は10~20cm離すって結構遠いな~、ちゃんとタイヤに吹きつけられるかな・・・と若干不安にもなりましたが、ちゃんとタイヤにピンポイントにかかってくれる・・・!
このスプレー、なんだかすごくやりやすい!!



角度的にちょっとやりにくいタイヤの下の方にもすごく吹きやすい!
これ、使いやすいかも!!
ということでタイヤに全体にスプレーすればOK!
そうです。クロスなどで仕上げたりしなくていいんです!
スプレー後、そのまま放置して、夏場では10分、冬場だと30分ほど乾燥させれば完了。
本当に楽チンです。

ビフォー(上の画像)と比べてみると、仕上がりの違いはご覧のとおり。



ツヤ自体は、『ディグロス ギラエッジ』ほど黒々とギラギラする感じはありませんが、自然なツヤはしっかり出てきたのがわかります。
品のあるツヤというか、お上品な感じに仕上がる印象です。

次は、タナカB的にこの製品を買ったら一番使ってみてほしい部分、ホイールハウスに。
先ほど、シャンプー洗車したので、白く飛び散ったような汚れは取れましたが、まだ少しモヤッとした印象です。



SUVなどはホイールハウス内は広いため、汚れが中まで目立ちやすく、洗車などで汚れを落としたとしても足回り全体が引き締まった印象になりにくいんです。
といって一般的なスプレータイプのタイヤお手入れ剤を使うと、タイヤの接地面に液剤が降りかかってしまい、事故の原因にもなりかねません。
そんな時に出番となるのが『ディグロス ブラックシールド』2WAYノズルです。
黄色いノズルを上げれば、こんな感じでノズルが伸びました!



このロングノズルがホイールハウスの奥に直接届いて、タイヤの接地面に吹きかかることなく、こんな感じでスプレーが楽にできるんです。



後ろ側も同じようにスプレー。



ホイールハウスも、スプレー後はそのまま10分ほど乾燥させて終わり!
拭いたりする必要はありません!

洗車前は白く汚れが飛び散っていた部分も、シャンプーで洗い、『ディグロス ブラックシールド』でツヤ出しすることで、見違えるくらいキレイになりました!



最後、フェンダーガードの未塗装樹脂部分を仕上げて終わりです。あと少し!
未塗装樹脂部分に使用する時は、これまでと違い、スプレー後に乾いたクロスで塗り伸ばす作業が必要となります。

ノズルはショートで使います。



うっかり近づきすぎると、液ダレしてしまいますので要注意です!



最後にクロスで塗り広げる感じで拭き上げれば完了!



この通り、未塗装樹脂部分にも黒々としたツヤが復活しました!



今回、『ディグロス ブラックシールド』を使用したところは、
・タイヤ
・ホイールハウス
・フェンダーガード

仕上がりはギラギラした感じではなく、品のある自然なツヤが出たことで、全体的に自然な黒が復活し、足元が締まって見えるように感じました。



『ディグロス ブラックシールド』には、ツヤを出すだけでなく、コーティングの効果が持続している間は、付着した汚れが水洗いだけで落ちやすくなるので、汚れの固着を防いでお手入れが楽になるという点もおすすめポイントかと思います。

効果の持続期間約1ヶ月を目安に、足回りにサッとスプレーしておけば、キレイな足回りが足元をキープできますよ。

1本で約12~16本のタイヤをお手入れできるのでコスパも◎
※タイヤの形状や大きさでも変わります

足回りまるっと、これ1本でキレイにできる『ディグロス ブラックシールド』、特に今回のハスラーのような、SUVタイプにはおすすめです。

こんにちは。タナカAです。前回、この3月発売いたしました『ルームピア スポットリムーバー』のレポートをさせていただきましたが、本日はこちらの製品をレポートさせていただきます!



そう、ROOMPIA(ルームピア)シリーズとして今回発売された『ルームピア クロスバリア』です。

『ルームピア スポットリムーバー』はすでについてしまった汚れやシミを落とすアイテムでありますが、この『ルームピア クロスバリア』は、汚れやシミをつかないようにする、繊維用強力コート剤であります。
布シートにスプレーしてスポンジで塗り広げ、乾燥させるだけの簡単作業で、繊維に強力なコーティング被膜を形成、水や汚れを寄せ付けにくくする、画期的なアイテムです。

皆さんの中にも、車内で飲食されるケースが多い方や、自分はしなくてもお子様が食べたり、飲んだりすることという方、少なからずいらっしゃるかと思います。
食べ物や飲み物をシートにこぼしてしまうと、単に汚れるだけじゃなく、悪臭の原因になったりダニの温床になったりしてしまうので、『ルームピア クロスバリア』で汚れる前に予防していただければと思います。

では早速使っていきましょう。



ただし、注意点。
この『ルームピア クロスバリア』は繊維専用のコート剤のため、残念ながら本革やビニールレザーには使用できません。
なので、写真でもわかるようにタナカAの車のシートは、真ん中のファブリック部分だけに使用できます。

ということでファブリック部分にスプレーし、



専用のスポンジで塗り広げていきます。



シミになる可能性がありますので、できるだけかからないように施工し、もしついてしまったらすぐにレザー部分はタオルなどで拭いておく方がいいでしょう。



ということで、車内すべてのシートのファブリック部分に施工します。









後は完全に乾燥させるだけです。この時期は3時間程度乾燥させます。

ということで、完全乾燥したシートがこちら



これではコーティング効果がわかりませんので、ちょっとテストしてみました



あえて水をつけてみるとこの通り



水がシートの繊維内にしみ込まず、表面に滞留していることがわかります。
だから、すぐにタオルで拭くと



ほらこの通り!シートは元の状態を保っています。



次はもう少し写真的にわかりやすいように水ではなくオレンジジュースを。



こちらもシートに垂らしてみるとご覧のとおり!



しっかりとオレンジジュースをはじいておりますので、すぐにサッと拭きあげ上げれば



この通り




もう、子供の食べこぼしなどでアセることもないですね。しかも毎日運転される人の車でも3か月効果が持続します※。タナカAは週末ドライバーなので、半年くらいは持ちそう。
※弊社テストによる。使用環境によって異なります。

これから新車をご購入の方や、小さいお子様がいらっしゃる方、ぜひ『ルームピア クロスバリア』でシートをコーティングし、快適なドライブをお楽しみください。



以上、2回にわたってレポートさせていただきました「ROOMPIA(ルームピア)」シリーズ。
前回の『スポットリムーバー』の使用レポート→「車内の布シートなど繊維素材に付いたシミを除去」
気になった方は、ぜひ一度お試しくださいませ。

みなさん、こんにちは。広報部 スギオカです。
長くご無沙汰をしてしまったため、ブログに戻るきっかけを失してしまっていました。
新製品の発売時期にあわせての復帰ブログとして、一押し商品をご紹介させていただきます。
まだまだ寒い時期が続いていますが、スギオカは水道水を素手で触っても手がかじかまなくなったことから“春”を感じ始めています。

今回は愛車の洗車についてはおいておきまして、洗車の締めに使用する、愛車をグッと引き締める新しいタイプのタイヤ艶出し剤『ディグロス ギラエッジ』についてご紹介します。



この製品の最大の特長は、
① 仕上がりは、平滑で厚みのある光沢被膜
② 塗り込みは、タイヤの形状にあわせて動くFLEXヘッド採用
の2点。
分かりやすく言い換えると、「塗りやすく、光沢感のある仕上がりになる製品」といえると思います。

今回『ディグロス ギラエッジ』を施工するタイヤはこちら。



車は洗車でキレイになったのですが、タイヤは色褪せたような赤茶色っぽくなっており、光沢や艶もない状況です。

今回は、何でも試したい盛りの幼稚園(年少)の我が息子にお手伝いしてもらいます。
どうも家から『ディグロス ギラエッジ』を持ち出す際に、面白そうな形状が気になっていたようで、手から離しません。
さらに気付いたら勝手に開封してしまっていましたので、仕方なしにパッケージなしでポーズを決めてもらいました。

ここで、特長のひとつとお伝えしました塗りやすさについてご紹介。
キャップを外すとこんな感じ。



ヘッドの部分に弾力性の高いスポンジが取り付けられています。



さらに、ヘッド自体にも柔軟性を持たせることで、タイヤ形状に合わせフレキシブルに動きます。



それでは、早速タイヤに塗布していきたいと思います。
今回施工するタイヤサイズは、225/40R18の低偏平タイヤ。

息子は、恐れもなく思い切って塗っちゃいます。
まずはタイヤにスポンジ面を押しあて、



ボトル側面を押して液材をスポンジに染みこませてから塗っていきます。



塗ったところが、濡れたようになりタイヤの黒さが出現しました。
あと、特筆すべきなのがこちら。



ホイールとタイヤの隙間までスポンジは届くのに、液剤を付着させたくないタイヤのトレッド面はうまくかわして塗り込めました。
どんどん塗り込みまして、分かりやすいように半分だけ塗った状態がこちら。



塗り込んだ部分をズームしてみました。



すごい艶です。
この勢いで、タイヤ一本塗り込みます。
塗り込んだ後のカットがこちらです。



わずか約9センチしかないタイヤのサイドウォール部が、濡れたような、またギラギラな光沢感のある黒さに仕上がり、タイヤに強いインパクトが出ました。
スギオカ的には「これは、なかなかいい艶だ」という好印象の製品です。
また、これだけ艶感のある仕上がりにも関わらず、処方は水性タイプなのでいやなニオイもほとんどなく、こだわりのあるタイヤケア用品をお使いの方々にもオススメできる製品です。
艶出し耐久期間も約45日※と長期間にわたってキレイな状態を期待できます。
※弊社テストによる。走行状況や保管状況によってことなります
この春のタイヤケアの際に、ぜひお試しくださいませ。

みなさん、こんにちは。広報部 クニムネです。
ずいぶん、ご無沙汰してしまっております。久々の登場であります。← 編集長、本当にm(_ _)m
もう春です。とはいえ、寒の戻りがひどい。めちゃめちゃ寒いです。
寒いといえば、寒さを理由に洗車を怠っていたつけが回って、久々にじっくり愛車を見ますと、 酷い。

ボンネットが・・・



リアバンパーが



足回りも・・・



ボディ全体、しっかりと確認すると、あ、ここも。
そう、ドアノブの下・・・



普段の洗車で、なかなかここまで意識できていなかったと反省です。

とにかく酷過ぎる・・・
本当に汚い状態になっていました。
やっぱりホワイトカラー特有ですね。雨アトの汚れが特に目立っております。

ということで、この春の新製品を試してみました。
じゃーん。
『コーティング施工車プライムクリアシャンプー』



これ、今春の新製品では私のイチオシアイテムであります。
自分の車がホワイトカラーだから?
YES!オフコースです。

テスト施工ということで、ガラス系のボディコーティングを施工いただいたのですが、かれこれもう4年。
まだまだその効果は発揮されているとはいえ、残念ながら、着実にその効果は弱ってきています。

こんなに汚れているので、ノーマルのコーティング施工車専用のメンテナンスシャンプーでは完全にスッキリとは、なかなかいきません。
もちろん専用のクリーナーを使えば良いのですが、とはいえ、皆様と同じでやっぱり億劫です。

そこで、今春の新製品『コーティング施工車プライムクリアシャンプー』なんです。

頑固な汚れもシャンプー洗車だけで、スッキリ落としたい!
でもコーティング施工車だから、水アカなどを落とすクリーナーinシャンプーは使えない・・・とお困りの方、きっとたくさんいらっしゃると思います。
今は本当に新車購入時にコーティング施工サービスを受ける方が増えていますし、皆さんもそうですよね?

というわけで、さわやかなホワイトカラーを取り戻すべく、『コーティング施工車プライムクリアシャンプー』で久々の洗車を開始しました。

あらかじめボディに水をかけて砂やホコリを流しておきましょう。
次にボトルを良く振って、それから水を含ませた付属のスポンジに内溶液を付けます。



もみもみ。しっかりと泡立てます。泡立ちはなかなか良いです。



洗車は高いところからの鉄則に従い、ルーフから。



続いて、ボンネット。



徐々に下にさがって、ドア



足回り



少し汚れがひどいところは、しっかりと擦って洗いました。
コーティング被膜が傷まないか・・・心配な方もいると思います。

洗い流す時に撥水状態をチェック!

大丈夫です。
まだまだ撥水効果はバッチリでしたよ。



最後に拭き上げて、完了。あっという間でした。
なんてったって、シャンプー洗車だけですから。

で、仕上がりチェック。
特に汚れがひどかった足回り



そしてドアノブ下



スゴイ、あんなにひどい汚れがシャンプー洗車でこんなにキレイになるなんて!!
コーティング施工されたお車の皆様、『コーティング施工車プライムクリアシャンプー』をぜひお試しください。

こんにちは、タナカAです。
3月に入ってもまだまだ寒いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ソフト99ではこの3月、複数の新製品を発売いたしました。
そんな新製品の中で、今回タナカAがレポートさせていただくアイテムはこちら



ROOMPIA(ルームピア)シリーズ『ルームピア スポットリムーバー』です。
“快適な車内空間を実現する”というコンセプトを元に発足したルームピアシリーズ。

第一弾として発売しましたルームピアシリーズは2品『ルームピア クロスバリア』『ルームピア スポットリムーバー』
今回は『ルームピア スポットリムーバー』をレポートしていきたいと思います。

この商品は、これまでの一般的な布シートクリーナーでは落とすことができなくてあきらめていたシミを“洗濯発想の新方式”で落とす、繊維用のシミ取りキットです。

で、今回使おうと考えた場所はこちら!



 実はここ、布シート部分ではないんです。



そう、ドア上部の繊維部分についたシミ。
実は2年ほど前、母親がコーヒーをぶちまけた時についたであろうシミ。
その時はすぐに拭いたのですが、完全に落とすことはできず諦めて、そんなに目立つ場所ではないと自分に言い聞かせ記憶の片隅にしまっておりました。

しかし今回『ルームピア スポットリムーバー』の発売が決まったとき、“あの時のシミに使えるかも”と記憶を呼び戻し、本日まで温めていたわけであります。

では早速使っていきましょう。



先ほど“洗濯発想”と書きましたが、その理由は左手に持っているHPVA※スポンジにあります。
※HPVA・・・Hexagonal Polivinyl Alcohol
このスポンジ、6角形の形をしたPVAスポンジとなっており、スポンジ側面の一面に専用の液剤を取って、その面でシミ部分をたたき洗いする“洗浄”を行い、残りの5面で同様の作業による“すすぎ”をし、最後に広い面で“吸水”を行う、3つのステップで、シミを分解しスポンジのほうにシミを含んだ水を吸収させることで、繊維上についたシミを落とすというメカニズムになっております。

“洗浄”→“すすぎ”→“吸水”という、洗濯と同じ工程を行うことで、取り外して洗うことが困難な車内の繊維素材についたシミをきれいにするという“新方式”なのであります。

使用方法もいたってシンプル。
まずはスポンジに水を含ませ柔らかくし、少しだけ水を残した状態まで絞ります。







スポンジ側面の1面に液剤を5滴ほど垂らしたら




シミをたたき洗いしていきます。



後で輪ジミにならないように、回りから中心に向かってたたき洗いするのがコツです。



 “洗浄”が終わりました。



 続いて“すすぎ”の工程です。側面の残り面で同じ作業を繰り返します。







 この作業を5面分繰り返すだけなので、特に難しさやテクニックはありません。
ということで、5回目のすすぎが終わりました。



最後に繊維に残った水分の“吸水”作業です。スポンジに少し含まれていた水を完全に絞り、



スポンジの広い面を繊維に押し当て、水分を吸い取っていきます。



水分が含まれているであろう部分をしっかりと“吸水”していきましょう。



だいぶ水分がスポンジのほうに移動しました。



あとは乾燥させて、残った水分がなくなったら完成です。
ということで、乾燥後がこちら




いかがですが?
熟成2年物のコーヒーのシミが肉眼ではほぼわからなくなりました。



作業前のシミがこちらですので、一目瞭然です。



超簡単な作業で、しっかりとシミを落とすことができました。
今回はドア上部の繊維部分のシミの除去をレポートさせていただきましたが、当然、こちらの『ルームピア スポットリムーバー』は、車の布シートのシミにも効果絶大です。
これ1本で1円玉サイズのシミ約30回分に使用でき、スポンジは洗えばキレイになり何回でも使用できますので、1つお手元に置いてもらっていいのではと思います。

そろそろとお店での取扱が増えてくると思いますので、車内のシミが気になる方は、ぜひ店頭でお買い求めくださいませ。

facebook
Twitter
youtube
プロフィール
  • タナカB

    広報部イチ未熟者でありながら、このブログの編集長。
    どれだけ食べても甘いものは別腹!!
    持ち前のパワフルさでブログを盛り上げていきます!

    推しアイテム:フクピカ
  • クニムネ

    広報部イチ、トレンドに敏感なボス。
    ゴルフはスコアよりもクラブにこだわる道具フェチぶりをブログでも披露します?!

    得意なジャンル:ボディケア
    推しアイテム:洗車研
  • タナカA

    広報部イチの頭脳派でありながら、馬を愛する孤高のギャンブラー。
    本命なんて無視と言わんばかりの独自の視点で“オモロイ”ブログを提供します!

    得意なジャンル:ガラスケア
    推しアイテム:ガラコ
  • キタウラ

    スポーツカーをこよなく愛した青春時代を経て、今はどんなに忙しくても、二人の子供達との時間を愛するイクメンパパ。
    子どもに優しいイクメン日記…ではなく、クルマに優しいカーケアブログを紹介していきます!

    得意なジャンル:車内ケア
    推しアイテム:ルームピア