こんにちは
キタウラです。

前回、「色あせた軽トラックの輝きを取りもどしたい!-前編-」にて、『99工房モドシ隊カラーフィニッシュ』を使って塗装部分の劣化を見事復活させることができました。

今回はその続きとしまして、白ボケしてしまった未塗装樹脂パーツを復活させていきたいと思います。 バンパー、ヘッドライト回りは特にひどい劣化状態です・・・


そもそも何故このように白ボケしてしまうか簡単に説明させていただきますと、未塗装樹脂はパーツ表面の塗装がされていないため、紫外線などのダメージを受けやすく、時間と共に劣化していき、表面が荒れることで白くなってしまうのです。そして、この白ボケしてしまったパーツ、残念なことにどれだけ洗っても元の状態に戻すことはできないのです。
未塗装樹脂パーツが白ボケしていると、塗装面がいくらキレイになったとしても全体の印象が引き締まらず一目で古い車というのが分かってしまうため、今回は是非とも黒々としたツヤを取り戻したいと思います。

そんな劣化を復活させるために今回使用する製品はこちら!
『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』



前回使用した『99工房モドシ隊カラーフィニッシュ』同様、こちらも「レトロカー再生への道」で素晴らしい効果を発揮していた製品になります。

なお、こちらの製品、コート剤を対象物に塗布することで、黒々とした光沢を復活させる効果があるのですが、これまでの同じような機能の製品と大きく違うのは、硬質樹脂パーツだけではなく、軟質樹脂やゴムパーツにも使用ができる点にあります。
それぞれの専用スポンジを同梱、スポンジ面が黒く細長い方が硬質樹脂パーツ用、スポンジ面が白く四角形の方が軟質樹脂パーツ用となっており、パーツの素材に合わせ、塗りやすさも追求しております。



まず、付属のシリコンオフシート(写真右上)で復活させたいパーツの表面の油分と汚れを拭き取っていきます。 拭き取りが完了しましたら、スポンジの黒い部分に液剤を染み込ませ塗り込んでいきます。



すき間のないようしっかり塗り込んでください。



塗り込みが終わりましたら、5分程度乾燥させ、乾いた布で表面のムラをならすように拭き上げて完了となります。
たったこれだけの非常に簡単な作業なのです。

ではさっそく仕上がりを確認していきましょう。
元はここまで白ボケしていたライト回りが、



どうでしょうか、この仕上がり!
黒々としたツヤが復活しています!



同じように、他の未塗装樹脂パーツ全体に塗り込みを行いましたが、10分もしないうちにすべての作業が完了しました。液剤の伸びも良いので非常にスムーズに塗り込みできます。

それでは他の部分も仕上がりをチェックしていきます。
最も状態の悪かった、バンパー部分は



しっとりと深く、黒いツヤが復活。
キリッとしてカッコいいです!
ライト周り、バンパー部分の硬質樹脂パーツも、エンブレム上の軟質樹脂パーツもしっかりとツヤを取り戻しました。



ドアノブはこのように白く、ムラになっていましたが、



ピカピカのドアノブに!



今回未塗装樹脂パーツを補修したことで、前回のブログの最終の状態から、



驚きの仕上がりです!新車の様な状態に見事に復活しました。



未塗装樹脂パーツの白ボケが気になっておられるユーザー様は、是非こちらの『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』 をお試しいただけたらと思います。
作業途中、あまりにもハッキリ効果がわかったので、左半分だけ塗った時の写真も撮影してみました。 その違いは一目瞭然。驚きの効果は作業中から感じていただくことができます。



今回「色あせた軽トラックの輝きを取りもどしたい!」ということで、前編・後編にわたりお届けしてまいりましたが、見事に輝きを取り戻したおかげで、まだまだ現役で走ることができそうです。 これまで田舎道しか走っていませんでしたが、たまにはこれで市内まで出かけてみたいと思います。



みなさんの愛車もなんとなく経年劣化を感じるような状況になっているようでしたら、是非一度『99工房モドシ隊カラーフィニッシュ』『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』 をつかって補修にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 非常に簡単に施工できますので、洗車の延長のような感覚でお試しいただけると思います。

こんにちは、御無沙汰しております。タナカAです。新年を迎え、ここ最近は特に全国的にも寒さが増してきておりますので、皆様、外出や体調管理にはお気を付けくださいませ。

突然ですが、輸入車オーナーの皆様、こんなお困りごとはないでしょうか?
ホイールをいくら洗車しても、黒いサビのような汚れが全く落ちず、完璧にはキレイにならない!


 
この写真、何を隠そうタナカAの車のホイールで、かく言う私も、いつも認識していながら見過ごしている状態です・・・

同じような症状でお悩みの皆様に朗報!ソフト99ではこんな状態のアルミホイールに対して、

・こびりついてしまったブレーキダストをしっかり落とし

・走行時のブレーキダストを付着しにくくする

2つのオススメアイテムがありますので、今回のレポートでご紹介させていただきます。
ということで今回使用するアイテムはこちら



昨年の6月に発売しました『99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー』と、以前のブログでも紹介させていただきましたホイール用超防汚コーティング剤『ホイールダストブロッカー』です。
この2品を使って、輸入車オーナーを悩ますアルミホイールの汚れに対し、徹底美観対策をしていきます。

輸入車オーナーの皆様は特にそうだと思いますが、輸入車のアルミホイールは、走行と停止を繰り返すうちにブレーキダストが表面に堆積しやすくなり、それが時間の経過とともにホイールの塗装面に焼き付いてしまうことで、普通の洗車ではなかなか落ちない状況に陥ってしまいます。

今回は『99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー』で頑固なブレーキダストを落とし、その状態で『ホイールダストブロッカー』でコーティングすることで、長期間にわたってブレーキダストが付着しにくい状態のホイールに仕上げていきたいと思います。
まずは普段通りシャンプー洗車でホイール表面に蓄積された泥やブレーキダストを入念に洗い落とします。





水気をしっかりと拭き取ると



大よそキレイになりましたが



このように、カーシャンプーでは落ち切れないブレーキダストが残った状態です。




ここで、今回の主役1品目、『99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー』です。



こちらのアイテム、名称の通り、ホイールに突き刺さったブレーキダスト(“鉄粉”)を、強力な酸の力で溶かす(“溶解”)ことで、通常の洗車では落とすことができないアルミホイールの表面のブレーキダストをキレイに落とすことができるクリーナーです。
では早速使用していきましょう。

液剤は酸性が強いので、付属の手袋をはめてから作業します。



手袋をはめることで、ちょっと重々しい雰囲気もしますが、作業はいたって簡単、付属の筆に液剤を適量付け、ホイールダストに直接ペタペタと塗っていくだけです。





筆で塗った後がこちら。ドロッとした液がブレーキダストの上に乗っているのがお分かりでしょうか?


液剤は粘度が高めですので、上部や側面に塗っても垂れにくいのでとても使いやすいです。
また、この粘度は単に作業性が高いというだけではなく、ブレーキダストの上に一定時間留まることができるように設計されていますので、強酸の力でホイール表面に突き刺さったブレーキダストがより溶けやすくなります。
ということで、全体にしっかりと塗って、後は溶解反応の進行を10分程度待ち、その後きれいなウェスで液剤を拭き取ります。



ウェスには鉄が溶けた、茶色の汚れが付着しました。


拭いた後の写真がこちら


ホイールの隙間に頑固にこびりついたブレーキダストがほとんど目立たなくなりました。強酸パワー恐るべしです!
全体を拭いていきます。




ひと通り拭いた写真がこちら


ちょっと離れて見てみるとかなりキレイになりました。
が、近づくと




寒い時期ということもあり反応の進行が遅かったのか、少しブレーキダストが残ってしまっています。
このような場合でも慌てることはありません。
一度の施工でキレイにならないようでしたら、最大3回まで「液剤を塗る」→「ウェスで拭く」の作業を繰り返すとよりキレイになりますので、再度気になる部分に同じ作業を繰り返します。





ということで、2回目の塗布&拭き上げが終わった状態。すっかりキレイになりました。



近くから見てもこの通り




全体がキレイになったら、水でホイール全体を洗って、残った液剤を完全に落とします。
液剤を残したままで長期間放置するとアルミホイールの塗装面に悪影響を及ぼす可能性があるので、液剤を拭き終わった後は必ずしっかりと水洗いするようにしてください。



水滴を拭き上げれば完成です!





どうでしょうか?まるで新品のようなホイールの輝きを取り戻しました。
ここまでは『99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー』を使用してホイールをキレイな状態に“モドシ”ましたが、ここからは、このキレイな状態を長期間継続させるため、本日2品目の主役『ホイールダストブロッカー』を使用していきます。
(※尚、このとき風がかなり強くなってきたため、少し風よけの後ろに車を移動しました)



こちらのアイテムは、ホイールの表面にナノレベルの突起状超防汚被膜を作ることで、雨水やブレーキダストのホイールへの付着を防ぎ、キレイな状態を長期間キープすることができます。
1,000kmの走行にも耐えうる防汚性能を発揮しますので、月に500kmも走行しない私の車なら、少し暖かくなるくらいまでは、ほぼ汚れることなく美しい状態をキープすることが出来そうです。
では早速使用していきます。
すでにホイールはキレイになっているのですが、製品の使い方に従って、まずは付属の下地処理シートで表面を拭いていきます。




やはりほとんど汚れていませんね。
続いてスプレー工程に入るわけですが、その前に、ホイールのナット部分に液剤が溜まらないようにティッシュを詰めておきます。



準備ができればスプレー開始。
10cmほど離して全体にスプレーしていきます。近すぎたり、同じ箇所を何秒も噴射し続けたりすると液が多く残った部分は白くなってしまうことがあり、そうなるとキレイに仕上がりませんので、吹き残しなく、全体を薄く均一にスプレーしていくのがコツです。




スプレーが完了しました。
しばらくするとスプレーしたところが白くなりますが、



乾燥すると消えますので、この状態で乾燥させます。この季節なら1時間くらいがベストです。 白くなった部分も消え、キレイなホイールに戻りました。




せっかくなのでタイヤを『ディグロス ギラエッジ』でコーティング



足回り全体を引き締め、作業完了です。





輸入車のホイール汚れについてお悩みの方は、是非今回レポートさせていただいたソフト99の2品『99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー』『ホイールダストブロッカー』を併用いただき、キレイな足回りで楽しいカーライフを過ごしていただければと思います。

こんにちは
キタウラです。

2018年となり気持ち新たに99ブロをスタートしていきたいと思います。

昨年、私のブログでは我が家のミニバンに対しワックスをかけたり、ワイパーを交換したり、ガラス撥水剤を試すといったレポートを行ってまいりました。 それらのブログ撮影はいつも私の実家で行うことが多いのですが、実家の駐車場にいつも気になる車両がありました。

それは・・・父親の軽トラックです!



この軽トラックですが、私の父親が休日に田舎内での移動や、地域の奉仕作業や消防団等、いろいろなシーンで乗車している軽トラックになります。 私も実家に帰った際、急な買い物があるとき車で15分先の最寄りのコンビニまでミッションでのドライブを楽しむ、そんな車両になります。
家族から愛着を持たれている軽トラックですが、実に平成6年式とかなりのご老体。 どこからみても古い車だとわかってしまうほどの劣化状態です。 まず目立つのがこちらのライト周り・・・黒いはずの未塗装樹脂パーツが紫外線などのダメージで真っ白です・・・



同様にボディーの水色の塗装が、経年劣化により白く色あせムラができ景色も映り込みません。



フロントバンパーは特にひどい状態。白とグレーの部分が入り混じっておりマーブル状に・・・



ドアノブも白く、そして塗装面には無数の細かいキズが・・・



軽トラックは一般的にはあまり外観は意識されない車両なのかもしれませんが、まだまだ頑張ってほしいという思い、そして何より色々なソフト99の製品を知りながら、身近にある車両をこのような劣化した状態で置いておく訳にはいかない!
ということで今回は父親の軽トラックを、新車時のような輝く車両に戻していきたいと思います!

新車時のような輝きを取り戻すといえば、持って来いの製品があります。
それがこちら!

昨年発売されました99工房モドシ隊の製品。
99工房サイトでおなじみの「レトロカー再生への道」でも非常に強力な効果を発揮していた『99工房モドシ隊 カラーフィニッシュ』『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』



今回はこの製品を使って、前編・後編の2部構成で劣化した車両の補修レポートを行っていきたいと思います。

では、まずは洗車から。
何年も前から実家にありましたが今回初めて自分の手でこの車両を洗車しました。心なしか車も喜んでくれているように感じます!



全体の洗車が終わり表面のよごれを落としましたのでまずは、ボディーの塗装面からこちらの『99工房モドシ隊 カラーフィニッシュ』を使って補修を行っていきます。
こちらのカラーフィニッシュですが、くすみの原因となる無数の細かく浅いキズを超微粒子の研磨剤で磨き、同時に超微粒子の顔料を充填することで、新車のような光沢を復活させる製品となります。水性のジェルと専用スポンジに拭き取りクロス、そして手袋が入っています。



使い方は非常に簡単。
付属の手袋をして、スポンジの黄色い面に3cm程度ジェルを出し



一定の範囲でしっかり磨いていくだけです。
縦方向、横方向と磨き残しがないようにしっかり磨き終わったら、



再度スポンジにジェルをだし、ワックスがけの要領で磨いた範囲にジェルを塗り広げ約10分乾燥させます。 その後、付属の仕上げシートで表面をならすように拭き上げると



いかがでしょうか!
景色も映り込まないほどに劣化していた塗装面が、他の面よりも輝きキレイなツヤが出ています。



残りの部分も同じ手順で一気に仕上げていきたいと思います!
(荷台部分は、これまでの荷物運搬作業でついた大きなキズ等があるため、今回は運転席のある車両部分のみ補修を行います。)
30分もかからない程度で全体の塗り込みが完成しました。24年分の劣化補修がたったこれだけの作業時間でいいとは・・・

では全体の仕上がりを確認していただくとしましょう。

元は塗装が劣化し、ぼやっとした印象で景色が映っている部分や色あせてそうでない部分でかなりのムラがありましたが



鮮やかさとツヤが出て、輝きを取り戻しました!



さらに近寄ってみて、細部もチェックしていきます。
ここまで色あせてキズだらけだったドアが



この通りキズが消え、ツヤも復活。



最も劣化のひどかった、右ウインカー上の塗装面も



背景がしっかり写りこむキレイな塗装面に復活。



最も目につくフロント部分の色あせも



ここまでしっかりとした深いツヤが復活しました。



製品の特長から、キレイになるだろうとは予想していましたが、実際にやってみると感動を覚える程でした。
今回使用しました『99工房モドシ隊 カラーフィニッシュ』は、ブラック・レッド・ホワイト・ブルー・シルバーの5色のラインナップをご用意しております。
是非みなさんも、塗装が色あせてきたなと感じた車両が身近にございましたら、こちらの製品で磨いてみてはいかがでしょうか?

では次回、
「色あせた軽トラックの輝きを取りもどしたい!-後編-」 にて、さらに状態の悪い白化してしまった未塗装樹脂パーツの光沢復活を行っていきたいと思います。
乞うご期待ください。

みなさん、こんにちは。99ブロ編集長のタナカBです。
今年最後の99ブロは、年末らしく「年末の大掃除」がテーマとなっております。
愛車の大掃除については、
前回「年末の大掃除!キレイな車内で新年を。」
前々回「年末の洗車に!いろいろな「洗車用品」を使ってみました。」
と、キタウラがレポートしているのでそちらをご覧いただくとしまして、タナカBは今年は「家の大掃除」を担当です。

12月のタナカBはというと、土日はほぼ出かけていまして平日も帰りは遅め。なかなか掃除する時間がない状態。(普段の掃除もサボり気味であることもあわせてお伝えしておきます)
そんなタナカBの大掃除のテーマは、できるだけ簡単に、そして手軽に済ませたい、ということ。
・窓掃除(窓と網戸)
・キッチン(換気扇とコンロ)
今回はこの2つに絞りました。
お風呂や水回り、エアコンの掃除…しないといけないところを挙げればキリがないのですが、ここだけはそれなりでもいいので、キレイにして年を越したいと思っています。

使うのは、こちらの3アイテム。
ギトギト油のおそうじシート
窓あっ!キレイ
網戸あっ!キレイ
すべて「お掃除シート」系の製品です。



まずはキッチンから。

タナカBの家は引っ越して1年半ほどなので、「そこまで汚れてはいないだろう…」とポジティブに思っていたのですが、キッチンのレンジフードのレバーをつかんだ瞬間。あ、やばい。ツマミがべたべたしていて嫌な予感しかしません。



“あかずの扉”を恐る恐る開けてみると…




網に油がギトギト・・・しっかり付いています・・・これは手ごわそう・・・

こんなギトギト油を手軽に落としたい、という場面で活躍してくれる、ソフト99がイチオシの『ギトギト油のおそうじシート』を使いたいと思います。



ホームセンターのフリーペーパー「パコマ」の大掃除特集でも取り上げていただき、簡単にギトギト油が落とせるということもあって、じわじわと使ってくださっている方も増えてきているアイテムです。
シートを1枚取り出し、網の部分を拭き進めようとしますが、こびりついたギトギト油と逆手で力が入らない…ということもあり、なかなかうまく拭けず。




5分くらい格闘して心が折れそうになった時点で気づきました。
「あ、網、外れた」



こんなことも知らないなんていかに今までお手入れをサボってきた証拠で、お恥ずかしい限りです。
無事に網を取り外し、ひたすらゴシゴシ。
隙間に挟まった油汚れを取るのは正直苦労し、1年半放置してきた汚れを落とすのはなかなかのツラさがありましたが、だんだんときれいになってくると嬉しくなってきます。



結局、1年半分溜りに溜まったギトギト油の汚れは1枚では取りきれず、3枚消費することになりましたが、ようやく…左の網がきれいになりました。




もちろん、通常なら1回のお手入れで、シート1枚程度でじゅうぶん足りますので、やっぱりここは普段からこまめなお手入れをしておくことを、声を大にしてお伝えしておきます。

しかし、このシート、ゴシゴシやってもすごく丈夫で全然破れません。あと全く毛羽立ったり、毛玉ができたりしない!自社製品ながら感動してしまいました(笑)



右の方も同じようにきれいにして完了。



あとは、レンジフードの上も目には見えませんが結構汚れていましたので、ついでに拭いておきましょう。





今回、さすがに1年半蓄積された油汚れをきれいにするのはなかなか苦労しましたので、これからは定期的に『ギトギト油のおそうじシート』で拭いておこうと心に誓うタナカBでした。

『ギトギト油のおそうじシート』はステンレスのコンロ周りの吹きこぼれて固まった汚れや油汚れにも活躍してくれます。

機械系統やコンロのツマミの隙間などはスプレーを直接使いにくい部分です。
そこはこんな風にシートを小さく折り畳めば、隅々まできれいにできます。



拭いた後がべたべたしないところもキッチン周りにはよし。





残念ながらバーナー付近の焦げつきは、シートだけではなかなか落としきれなかったので、今度『コゲ・黒ずみ・サビ用 魔法のダブル消しゴム』を使って落としてみたいと思っています!(近日レポート公開、します!)

五徳もササッと拭くだけ。



スプレータイプでは掃除しにくい垂直のタイルの壁。
数日前に炒め物をして、一部カピカピに固まっていた汚れもシートで拭くだけ。



タイルとコンロの間の細い溝も、シートを小さく折り畳んで小さい面積でもラクラク拭けます。



バーナー付近の焦げつき以外は、コンロ周りもすっきりきれいになりました。



最後に、こちら!
電子レンジの庫内です。

熱が加わって、飛び散った汚れが固まってなかなか厄介な場所。
タナカBの自宅の電子レンジは購入して半年程度で、まだ比較的きれいなほうだったのですが、



数日前に麻婆豆腐をチンした時の汚れが付いていました。



電子レンジは汚れがたまる前に掃除ができたので、ものの数秒できれいにすることができました!
やっぱり普段からこまめなお掃除って大事!



キッチン周りはすっかりキレイになりました。
続いて 窓と網戸。

外側の汚れはこのように、雨汚れがそのまま黒い汚れとなっていました。



まずは『窓あっ!キレイ』を使います。



シートを1枚取り出して、使いやすいサイズに折り畳んで拭いていくだけ。



触ってみた感じはちょっと濡れてるかなという程度の“セミウエットシート”なので、拭きスジが残りにくく、乾拭きする必要がなく手間がラクというのも、『窓あっ!キレイ』の推しポイントです。



さて…上から下まで外側の窓を拭いていけば
「うわ!!」



手の形がクッキリはっきりわかるくらいの黒い汚れが・・・
手が少し大きいタナカBは4つ折だと少し小さかった感じなので、女性なら4つ折か2つ折、男性が作業する時は、2つ折くらいのサイズにしておくのがちょうどよいと思います。

もちろん、室内の内側もきれいに。



外側ほどではないですが、汚れてました。



ついでに拭き終わったシートを小さく折り畳んで、ゴムパッキンの部分やサッシも拭いておきましょう。







特に小さなゴミがたまりやすいサッシは、洗濯物を干す時に毎回目に入りますので、そこがピカピカになると気分がいいです。



窓もサッシもスッキリ、クリアーになって、いつもの景色も澄み渡ってきれいに見えるように感じます(笑)



残るは網戸!
網戸には網戸専用の『網戸あっ!キレイ』を使っていきます。



こちらのシートは『窓あっ!キレイ』よりも厚手のシートでできていまして、網目を拭いても破れにくく、ホコリやゴミまでしっかりかきとることができるようになっています。サイズも大きめです。



網戸をゴシゴシやっても、よれたり、破れたりしないので作業性もいい感じです。内側と外側、それぞれきれいにして、



きっとまた窓のように手形が付いているかな…となんだかわくわくしながらひっくり返すと、こんなに網戸の汚れが取れました!



網戸も窓と同じく、スッキリしたことで、部屋に入ってくる風もきれいな空気になったように感じます(笑)



このような感じで、キッチン、窓、網戸がきれいになったので、タナカBの2017年の大掃除は無事に終了。

今回レポートで使用した“お掃除シート”タイプのものなら、年末年始の大掃除も手軽に済ませられますし、溜めれば溜めるほど手間がかかってしまう油汚れ系などには、普段から“お掃除シート”で簡単にお手入れしておくのがおすすめです。

最後になりましたが、2017年の更新はこちらで最後となります。みなさま、今年も「99ブロ」をごらんいただきまして本当にありがとうございました。
2018年もさらにパワーアップしてみなさんのカーケアやホームケアに役立つレポートをお届けしていきたいと思っておりますので、来年も「99ブロ」を見てくださると、編集長としてはうれしいなと思っております。

こんにちは。

キタウラです。

 

前回、「年末の洗車に!いろいろな「洗車用品」を使ってみました。」にて、車をキレイにして年末を迎えると言いブログを締めさせてもらいましたが、実はまだやり残していることがありました・・・。

 

それは「車内の清掃」!

車外はキレイになったのですが、車内は結構な汚れが・・・。

我が家の車は、平日は妻が子供たちの習い事や次男の幼稚園までの送迎に使っています。

まぁやんちゃ盛りの男の子二人なので、普段から公園や運動場で遊ぶのでかなりの土汚れを車内に持ち込んでいるようです。

 

 

 

そこで今回は車内も徹底的にキレイにしていきたいと思います。

まずは車内の汚れチェックを行っていきます。

 

子供たちのDVD等の観賞用にと設置した後部座席の天井モニターは・・・かなりの指紋や油汚れが付いており、液晶面が特にひどい状態に。

 

 

 

お菓子を食べたベトベトの手で触っているのでしょう・・・

油分たっぷりの汚れがベタっとこびりついてしまっています。

そして、後部座席の乗り口は土で汚れシートには靴で踏まれた跡が・・・

 

 

 

とにかくお菓子の食べカスや土の汚れがスゴいです。

 

そして後部座席のジュニアシートを外すと、まず長男側のシートの上には飴が転がり

次男側のジュニアシートを外せばドングリが。いろいろな物が出てくる中、挙句の果てに

こんな所にカラアゲが・・・油汚れもたっぷりついていました。

 

 

 

他にも、最近車内の掃除をしていなかったことで、カーナビ周辺やハンドル回り、シフトレバーなども、かなり汚れが溜まっている状態でした。白っぽく汚れてしまっています。

 

 

 

運転席にこんなシミも発見。

 

 

 

予想以上の状態に少し動揺してしまいましたが、気を取り直し徹底的に車内の清掃にかかっていきたいと思います!

車内の清掃といえば、今年ソフト99から発売されましたこれらの製品。快適な車内環境を実現する「ルームピア」シリーズ。今日はこれらを使って徹底的に清掃していきたいと思います!

 

 

 

まずは前準備から。座席の足元のマットを取り外し、掃除機で大きな汚れ、砂などを吸い込んでいきます。ある程度、掃除機で吸い込み、後はハタキなどでさらにしっかり叩き落とします。

 

 

 

砂まみれになっている車内も同様に掃除機でしっかり清掃しておきます。

これで表面的な大きな汚れはキレイになりましたので、

いよいよ「ルームピア」シリーズによる車内清掃をおこなっていきます。

 

まず初めに使っていきたいのが、こちら。

『ルームピア スポットリムーバー』

 

 

 

こちらはシートなどについてしまった頑固なシミを、「洗浄・すすぎ・吸水」といった洗濯と同じ原理で根本から除去してくれるクリーナーです。

 

セット内容はこちら

 

 

 

特長的なのがこちらのスポンジ。この小さい6角形のスポンジが、シミをしっかり除去してくれる鍵を担っています。

まずはバケツに水をはりスポンジを濡らします。スポンジが柔らかくなったら、軽く水気が残る程度まで絞り6角形の1面に、クリーナーを約5滴たらします。

 

 

 

クリーナーをたらした面でシミをポンポンと叩いていきます。

 

 

 

数回叩きましたら、面を変え何度か叩き、どんどん6角形の面を順に変えながら押し当てていき、

最後に、広い面で押し込み戻すことで水気を一気に吸い上げます。

 

 

 

これで作業は完了です!

どうでしょうか。冒頭でも見ていただいた白く気になったシミが

 

 

 

ここまですっきり除去できました。

 

 

 

こちらの『ルームピア スポットリムーバー』、家のソファーなどでも使用できるので、我が家の大掃除でも大活躍してくれています。とても簡単に使えますので、是非あきらめていたシミ汚れにお試しいただけたらと思います。

 

では、次に使っていきたいのはこちら。

『ルームピア ウォッシュミスト』

 

 

 

こちらは車内の様々な箇所に使用できるスプレータイプのインテリアクリーナーになります。

本当にいろんな箇所が汚れている我が家の車で、今回最も活躍してくれたと思うのがこの製品です。

まずは一番汚れが目立っている後部座席のモニターからキレイにしていきたいと思います。

使い方はスプレーして拭き上げるだけと簡単なのですが、電子機器周辺に関しては、乾いたタオルにスプレーし、

 

 

 

このように軽く拭き上げていく形になります。

 

 

 

速乾性なのですぐ乾きます。

そして仕上がりを見比べてみてください!冒頭でお見せしたベットリついていた油汚れが

 

 

 

ここまでキレイになりました!これで映像も見やすくなることでしょう。

 

 

 

こんな簡単にキレイになるなら、常に車内に置いておき汚れが気になったタイミングでサッとひと拭きできますね。

白くシミの様になっていたシフトレバーの汚れも

 

 

 

この通りキレイに。本来の黒い輝きを取り戻しています。

 

 

 

ダッシュボードや、ハンドル、メーター周りもしっかり拭き上げていきます。

これで運転席・助手席側に関しては、拭き上げ完了。

 

内装はほぼ黒色なので、汚れはあまり気にならなかったのですが、おそらく手アカなどの汚れがたまっていたのでしょう、拭き上げたタオルはこんなに汚れていました・・・!

 

 

 

引き続き後部座席をキレイにしていきます。

土などで汚れきっていた乗り口は、

 

 

 

こちらも輝きが復活しました。

 

 

 

シート・内窓・マットも順にキレイにしていきます。これらの箇所には直接スプレーして拭き上げていきます。

子供達が触ったであろう内窓の、クッキリついた汚れも

 

 

 

シュッとひと拭きし、サッと拭き上げると

ごらんの通り。のどかな田舎の風景がくっきり。

 

 

 

シートも直接スプレーし

 

 

 

拭き上げると、サラサラに仕上がります。作業中は爽やかなシトラスの香りが広がるので、作業している間も気持ちよく、除菌※・消臭効果もあるので、私のような小さな子供を持つドライバーにはとってもオススメです。(※すべての菌を除菌するわけではありません)

最後に外で砂等を落としていたマットにスプレーし表面を拭き上げて車内清掃完了。

車内全体がとってもキレイになりました。

 

 

 

これで車内はキレイになったのですが、せっかくなので、少しでも長い期間この状態をキープするため、

最後に『ルームピア クロスバリア』を使いたいと思います。

 

 

 

何度か「99ブロ」で登場していますので、もうご存知の方も多いと思いますが、こちらのアイテムは、布シートに施工しておくことで、ジュースやコーヒー、ケチャップ等をこぼしてもシートに染み込ませず、シミやニオイの原因を防いでくれる布シート用のコーティング剤になります。

シート表面部分にスプレーし、

 

 

 

専用のスポンジで塗り広げるだけです。

ジュニアシートを上に乗せるので、特に濡らされる可能性のあるシート縁をしっかりコーティングしておきます。

 

 

 

あとは、乾燥させるだけ(夏場なら2時間、冬場なら4時間程度)で効果が発揮されます。今回は、効果を早く確認いただきたいので、ドライヤーを使って乾燥させました。

ではさっそく効果を確認していきたいと思います!

ポタポタと水滴を垂らしてもこのようにしっかりと水をハジきます。

 

 

 

タオルで拭きとれば

 

 

 

このようにキレイにふきあげることができます。シートの縁であれば、流れ落ちていくでしょう。

 

 

 

これでジュースやケチャップなどをこぼされてもシミやニオイの原因を防ぐことができそうですね。

『ルームピア クロスバリア』特にお子様が小さい方は一度お試しいただけたらと思います。

 

これで、年末に向けてやり残していた「車内の清掃」が完了しました。

 

いかがでしょうか?

車内全体を大掃除したことで、汚れてくすんだ雰囲気だった車内が、明るくなったように見えます。

 

 

 

快適な車内環境を実現する「ルームピア」シリーズ。

 

 

 

これから年末に向け、洗車をされる皆様には、車外だけではなく車内の清掃もしっかり行っていただければ、すっきりとした気分で新年を迎えられること間違いなしです。

facebook
Twitter
youtube
プロフィール
  • タナカB

    広報部イチ未熟者でありながら、このブログの編集長。
    どれだけ食べても甘いものは別腹!!
    持ち前のパワフルさでブログを盛り上げていきます!

    推しアイテム:フクピカ
  • クニムネ

    広報部イチ、トレンドに敏感なボス。
    ゴルフはスコアよりもクラブにこだわる道具フェチぶりをブログでも披露します?!

    得意なジャンル:ボディケア
    推しアイテム:洗車研
  • タナカA

    広報部イチの頭脳派でありながら、馬を愛する孤高のギャンブラー。
    本命なんて無視と言わんばかりの独自の視点で“オモロイ”ブログを提供します!

    得意なジャンル:ガラスケア
    推しアイテム:ガラコ
  • キタウラ

    スポーツカーをこよなく愛した青春時代を経て、今はどんなに忙しくても、二人の子供達との時間を愛するイクメンパパ。
    子どもに優しいイクメン日記…ではなく、クルマに優しいカーケアブログを紹介していきます!

    得意なジャンル:車内ケア
    推しアイテム:ルームピア