• テクニック

セルフ洗車のメリットや必要となる道具や手順を解説

自分で手洗い洗車を行うのに苦手意識のある方もいます。しかし、機械に頼らない手洗い洗車は細かな部分まで洗えたり、車の異変に気づいたりなど、さまざまなメリットがあります。今回は、セルフ洗車のメリットについてふれたうえで、必要となる道具や手順などについて焦点をあてていきましょう。

 

セルフ洗車のメリット

セルフ洗車のメリットは、以下の通りです。

 

1.費用が安く済む

自分で行う手洗い洗車の場合に必要な費用は、以下が考えられます。

・洗車に使用する道具代や水道代
・コイン洗車場などで洗車する場合の場所代

全ての費用は数千円で抑えられます。一度道具を揃えれば、それ以降大きな出費が必要ない点は魅力でしょう。

 

2.洗車機よりもきめ細やかな洗車が可能

手洗いの場合、自分の手で車の隅々まで汚れを落とすことが可能です。洗車機ではキレイになりにくいワイパーやドアミラーなども重点的に洗えます。また、洗車機のブラシが届かない、下回りなども洗えるため、車をより美しい状態に仕上げることが可能です。

 

3.車の異変に気付くことができる

自分で洗車を行うことで車を細かくチェックできるため、走行時には気づけない異変を見つけることが可能です。例えば、タイヤの溝などは普段気にしないものの、すり減っていくものであるため、セルフ洗車の際に意識してみましょう。

 

セルフ洗車に必要な道具と手順

 

1.必要となる道具

手洗い洗車に必要な主な道具は以下の通りです。

道具

用途

洗車スポンジ×2

ボディ用とタイヤ用に分ける

 

バケツ

水をためる
カーシャンプーを泡立てる

脚立

車高が高い、大きい車の天井洗車に使用する

カーシャンプー

求める効果に適したものを使用する

拭き取りクロス

マイクロファイバー素材など、吸水性の高いものがおすすめ

 

2.セルフ洗車の手順

セルフ洗車の手順は以下の通りです。

項目

内容

留意点

1. タイヤ・ホイールを洗う

ボディに汚れが飛び散るため、最初に洗う

砂・泥などが付着するため、ボデボディは別のスポンジを使用する

2. ボディをすすぐ

上から下に向かって、汚れを洗い流す

ホースをボディに擦らないようにする

車高が高い、大きい車の場合は脚立を使用する

 

3.シャンプー洗車

ルーフから順に上から下に洗っていく。

シャンプー液が乾いてボディにこびりつかないよう、パーツごとに洗いとすすぎを繰り返す

4. 拭き上げ

ボディに残った水滴を拭き上げる

水滴が残って乾燥しないよう素早く作業する

キズつかないよう同じ箇所を何度もこすらない

それぞれに簡単な留意点があるため、把握したうえでセルフ洗車を行いましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE