1. ソフト99 トップ
  2. 商品情報
  3. 洗車
  4. ホイール クリーナー
  5. 99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー

99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー

  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03
  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03

洗車で使用するホイールクリーナーでは落としきれない、経年劣化で焼きつき固着したブレーキダストを簡単作業で除去することができる、酸を使った強力クリーナーです。
ホイール塗装表面に食い込むように固着した鉄粉を強酸クリーナー液が塗装を傷めることなく溶解し、キレイに落とします。

商品名 99工房モドシ隊 ホイール鉄粉溶解クリーナー
JANコード 4975759095071
内容 クリーナー液ボトル(120ml)×1個
塗布用筆×1本
カップ×1個
使い捨て手袋×2枚
成分・材質 非イオン系界面活性剤、リン酸(20%)、クエン酸
保管及び廃棄方法 ●保管の際は密栓し、直射日光の当たる所、火気の近くや温度が40℃以上になる所、凍結する所を避けて保管してください。
●廃棄の際は中身を使い切ってから捨ててください。
メーカー希望小売価格 オープン

商品の使い方

①じゅうぶんにシャンプー洗車をして汚れをキレイに落とし、水滴を拭き取ってください。

②ホイールがじゅうぶんに冷めた状態で鉄粉が固着している箇所を確認してください。

③クリーナー液を付属のカップに適量とり、筆で鉄粉が固着している箇所にたっぷり液をつけてください。

④10分間放置し、キレイなウエスで液剤を拭き取ってください。1回できれいに取りきれない場合は③④の作業を繰り返してください。

※作業を繰り返す場合は3回を限度としてください。

⑤その後、水を使って表面に残った液剤をスポンジなどでこすりながら完全に流し落してください。水滴をふき取れば完了です。

※すすぎがじゅうぶんでないとホイールの白化、変色、シミの原因となる場合がありますので注意してください。
    • ●用途以外には使用しない。
      ●ホイール塗装の種類や劣化の程度によってはシミやハガレが生じることがあるので、必ず目立たない部分で試してから使用する。
      ●作業の際は必ず手袋を着用して作業を行う。
      ●顔や皮フに液が付着しないように注意する。
      ●シミになる恐れがあるので、衣服に付着しないよう注意する。
      ●ブレーキパーツ類、ホイールセンターキャップ、ホイールナット、エアーバルブ、ボディなどに液が付着しないようじゅうぶん注意する。付着した場合はすぐにウエスで液を拭き取り、多量の水を使って洗い流す。
      ●シミになる恐れがあるので、液をつけたまま長時間放置しない。
      ●塗装のハガレや変色など劣化の激しいホイールには使用しない。
      ●作業に適した気温20℃以上で使用する。(5℃以下では溶解反応が著しく低下する)
      ●ホイールの奥(裏側)を施工する場合は、クルマからホイールをはずして施工する。
      ●炎天下や走行直後など、ホイールやブレーキが熱い状態で使用しない。
      ●床や地面に液が落ちた場合はすぐに拭き取り、多量の水で洗い流す。
      ●使用後は石けんで手をよく洗う。
    • ●吸入飲用不可:人体に害があるので、吸入飲用しない。
      ●保護手袋を着用する。
      ●子供や認知症の疑いのある方の手の届く所に置かない。

商品別Q&A

同様のトラブル・症状を解決する商品

ホイール クリーナー一覧へ