1. ソフト99 トップ
  2. 商品情報
  3. 洗車
  4. ガラス・ミラー ワイパー
  5. ガラコワイパー パワー撥水雪用

ガラコワイパー パワー撥水雪用

  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03
  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03

ガラコワイパーの卓越した撥水性能そのままに、高速走行時でも安定した払拭性能を発揮できる雪用のガラコワイパー。
氷点下でも約3分間の作動でガラス全面に撥水被膜を形成、雪・氷が張りつきにくく、早朝などに発生する雪・霜の凍りつきを抑制します。また、走行時に発生しがちな融雪剤や泥ハネなどの汚れもつきにくくなります。
エアロ構造を採用することで、高速走行や強風・吹雪でもワイパーの浮き上がりを抑え、安定した払拭性能を確保。
重く湿った雪をしっかり押しのける高剛性設計フレームと耐寒性に優れた雪用シリコーンラバーを採用。もちろん、雪だまりや凍結を防止するためフレーム部はフードでカバーし、払拭性能を維持します。

商品名 ガラコワイパー パワー撥水雪用
JANコード 4975759055013
内容 1本
メーカー希望小売価格 オープン

商品の使い方

①ガラス面が濡れていない状態で約3分間ワイパーを作動させてください。撥水被膜の形成が開始されます。

※気温が10℃以下の場合は撥水効果の開始時間が遅くなることがあります。この時は効果が現れるまでワイパーを作動させてください。また、デフロスターでガラスの温度を上げると効果的です。

※雨天時やガラスが濡れている時は撥水効果の現れが遅くなるので、効果が出ない場合は再度ガラス面が濡れていない時にワイパーを作動させてください。

※洗浄効果のあるウォッシャー液を使用すると撥水効果が弱まる場合があります。

※ゴム表面についている黒い粉はワイパーの動きを良くする成分のため拭き取らないでください。

※払拭・撥水性能が低下してきたら早めに交換してください。
    • ●異物がついたままワイパーを作動させるとゴムやガラスにキズがつく恐れがあるので使用前に装着ガラス面の汚れを取り除く。
      ●ワイパーゴムが変形・変質し、払拭性能が低下する恐れがあるのでアルコールなどでワイパーゴムを拭いたり、洗浄したりしない。
      ●ゴム部分に触れると手や衣服が黒く汚れるので注意する。
      ●作業後はよく手を洗う。
      ●本品の撥水効果はワイパーに代わるものではないため、降雨時には視界確保の必要に応じてワイパーを作動させる。
      ●降雪時ワイパーが作動していない状態で逆光の時やトンネル等の暗闇から抜けた時、一時的に白くなる場合があるので注意する。すぐにワイパーを作動させ、視界を確保すること。
      ●湿度の高い朝、夜など車内外の湿度差が大きい時、ワイパー作動により瞬間的に白く曇ることがあるので注意する。
      ●ウインドウォッシャー液やスプレー形式の撥水剤を使用した後、ガラス面の水分が少ない状態でワイパーを作動させると払拭不良の原因になる場合がある。
      ●本品は標準装備のワイパーと高さや形状が異なるため、ウォッシャー液がワイパーアームなどに当たり、ウインドに届きにくくなる場合がある。
      ●ガラス面が凍結している時の作動はワイパーゴムを傷める原因となるため、あらかじめデフロスターでガラス面の温度を上げたり、解氷剤を使用してから作動させる。
      ●ガラス面が凍結しているときの作動は避ける。
    • ●本品は自動車のガラスについた雨の払拭用に開発・製造されたもののため、目的以外の用途には絶対に使用しない。
      ●ワイパー交換は運転席・助手席側を同製品とし、必ず同時に交換する。
      ●不適合なものやサイズ違いを装着すると使用中に外れたり、ガラス等にキズをつけたり、払拭不良や異音、事故を誘発する恐れがあるので必ず現車・適合表を確認する。
      ●ワイパーアームやモーターなど車両に不具合がある場合やガラスの状態によっては本品の性能をじゅうぶんに発揮できない。
      ●ワイパーブレードを曲げるなど変形させたり、接合部や加締部を分解しない。
      ●本品の使用については車両の取扱説明書を確認の上、使用する。

関連コンテンツ

同様のトラブル・症状を解決する商品

ガラス・ミラー ワイパー一覧へ