• はてなブックマーク
  • LINE

2014年7月18日

女子でもカンタン!?ミラー補修!~塗装・後編~

女子でもカンタン!?ミラー補修!~塗装・後編~

こんにちは。1週間ぶりの登場の99ブロ編集長のタナカBです。

先週の「女子でもカンタン!?ミラー補修!~塗装・前編~」はご覧いただけましたか?

まだ見ていないという方は、ぜひこちらから→

今日は【塗装・後編】となります。

サイドウインカーにマスキングをし、『サンドキューブ』でキズをならした後は・・・
いよいよ『エアータッチ』の登場。

楽しみでもあり、若干不安な気持ちを抱え、スタート。

まずは、再びマスキング。
(またマスキングしないといけないのか~。ちょっとめんどくさい・・・)←タナカB心の声

タナカBの心の声が聞こえたか、聞こえてないのか、

ス:「塗装してはいけないクリア樹脂パーツがあるからマスキングしておかないとね」
念押し(笑)

どちらのマスキングも重要な作業です。
1回目のマスキングと違う点と言えば、今回は塗料が入り込まないよう、隙間なくしっかり『マスキングテープ』を貼っていく点。
今回のマスキングは“塗料の飛び散りを防ぐため”の大事な作業なので、キワまでしっかりと。

『サンドキューブ』のパッケージの紙を活用したりして、ギュッギュッと押しこんでいきます。

ス:「本当はヘラがあるとベンリなんやけど~。なかったらこういう厚紙で代用できるよ」
今度は『パテヘラ6枚セット』を忘れずに!

鋭角の部分は、こんな感じでツギハギだらけ。

しっかりマスキングをしてから、いよいよ『エアータッチ』『タッチアップペン』の登場です。

『エアータッチ』とは、筆塗りペイント『タッチアップペン』を超極細スプレーとして使う為のアイテム。
霧のようにきめ細やかな超極細スプレーなので、筆で塗るようにピンポイントでキズだけを塗ることが可能です。
だから、仕上がりはスプレーペイント並み。

『タッチアップペン』『エアータッチ』に装着します。
『エアータッチ』の外箱は、はずした『タッチアップペン』の筆部分の待機場所となりますので、捨てないようにお願いします。
これ考えた人すごいな~

ス:「あぁぁ!!蓋をあける時は液がこぼれないようにまっすぐ!気をつけて!」
タ:「はーい」

そして、『エアータッチ』と連結~!

何度も見たことのある光景です(笑)

そして、これもスギオカの補修ブログ記事の中で見たことのある、スギオカお得意の練習タイム!(笑)

「キズ」
「先に消す」
「ボカシぶき」
※すべてスギオカ直筆

「キズ」の部分を先に消し、少し広めに「ボカシぶき」をする。これが上手に仕上げる塗装のコツです。

字面で見ると、なんともシュールですが(笑)、これがまた大事なのです。

「キズ」を狙って・・・はじめてのひと吹き!

タ:「・・・ズレたーーーーーーーー!」

キズのところにピンポイントにスプレーするのがむずかしい・・・。

今度は狙ったキズにスプレーできたものの、

初めが濃くなり、ムラになってしまっていることがわかります。

ス:「スプレーする時はしっかり押さないとムラになるよ~!」

『ボデーペン』を使う時もそうなのですが、スプレーする時、どうしてもおっかなびっくり押してしまいがち。
ですが、力強く押してスプレーすることが大事なんですね!なるほど。

タ:「スギオカさーん!もう1枚書いてください!!」
ス:「しゃあないなぁ~」

というわけで、2枚目の練習用の紙を用意してもらい、再挑戦!

タ:「いけた!」
ス:「上手にできたやん」
タ:「(得意げ)」
2回目はコツがつかめて、いい感じに吹けるようになりました!
実際に塗装をする前にこういった紙などで、“塗る面との距離感”“動かすスピード”をしっかり確認しておくと本番の時にあわてませんよ。

いよいよ本番。

ス:「慣れない時は、あまり近づけ過ぎないように大体10センチくらい離したところからスプレーしてみ~」
タ:「10センチって・・・これくらい?これくらいでいいですか!?(念押し)」
ス:「そんなに不安にならんでも大丈夫や~。思い切ってやってみ!」

というわけで、練習通り、キズ部分を隠すようにスプレー。

キズが隠れたら少し範囲を広げて、キズ周りにもスプレー。

ス:「いっぺんに塗ると液ダレするから、少―しずつ数回に分けて塗り重ねるようにスプレーするといいよ~」
タ:「はい!(スプレーしながら)こんな感じでよいですか?」
ス:「そうそう、そんな感じ!」
1点に集中させないよう、『エアータッチ』を左から右へと一定方向に動かしながら何度かスプレーすると・・・

タ:「すごい!キズが隠れた!!」
ス:「じょうずじょうず~!」
褒め上手のスギオカに乗せられて、すでにやりきった感でいっぱいのタナカBですが、もう少し。

ス:「最後に仕上げよか~!見てみ。表面がザラザラしてるやろ~?」
タ:「本当だ~」

よく見ると、スプレーしたところは、見た目なんだかブツブツしています。

と、ここでカラーペイントが乾かないうちに、『エアータッチ専用仕上げスプレー』を塗装した部分より少し広い目にスプレーしていきます。

すると・・・

なんということでしょう~

写真では太陽光が反射し、少し見えにくく感じますが、明らかに艶が出てきました!

それから、待つこと数分・・・

ス:「もういけるんちゃう?試しにマスキングしてるところ、触ってごらん」
タ:「もう触ってもいいんですか~?(おそるおそる触れてみる)あ、乾いてます!!」

ス:「マスキングはがしてみ~!」
タ:「は~い!(勢いよくはがそうとする)」
ス:「あぁぁ!!あかん!あかん!」
タ:「???」
ス:「はがすのもコツがあるんや!塗装面と接している部分だけ先にはがしてみ!」
タ:「は、はい・・・(おそるおそるはがす)」

塗装が完全に乾いてしまうと、塗装した部分が割れてしまうことがあるため、表面が乾燥した「半乾き」状態ではがすようにするといいみたいです。


真ん中のマスキングテープは完全に乾いたらはがし、作業は終了!

どうでしょう~?

最初のキズは確実にしっかり消すことができました~!

近くで見ても、どこにキズがあったかはわからないくらいです!

タ:「スギオカさん!勉強になりました!ありがとうございました~」
ス:「お疲れさん~」

スギオカがホッと胸をなでおろしたか、なでおろしてないか、そこはスギオカのみぞ知る・・・(笑)

今回のミラー補修の所要時間は撮影をしながら行ったこともあり、1時間ほどかかってしまいましたが、 きちんと手順を事前に確認しておいたり、あらかじめスプレーの練習をして準備しておけば、作業時間はもう少し短縮できそうです。

特に、今回使った『エアータッチ』『サンドキューブ』はとても扱いやすいアイテムなので、タナカBのような初心者の女子でもカンタンに補修ができます!
タナカBもこれをきっかけにちょっとはまってしまいそうで、またスギオカの愛車のキズ補修やりたいな~!なんて思っています(笑)

愛車を自分で直すことはとても勇気がいりますし、手間のかかる作業ですが、愛車を自分で直す喜びを「99工房」で感じてもらえればうれしいです。

初心者の方には商品別のショートムービー(1アイテム30秒程度)もおすすめ。
商品パッケージのQRコードを読み込めば、スマホからでも見ることができます!
初めてご使用される際には、「99工房」サイトとともにショートムービーもご覧になってくださいね☆
☆ ソフト99 『99工房 エアータッチ』 【SOFT99 TV】

あわせて読みたい

最新記事

  • 月別アーカイブ

トップへ戻る

ライタープロフィール

  • タナカB

    タナカB

    このブログの編集長。
    どれだけ食べても甘いものは別腹!!持ち前のパワフルさでブログを盛り上げていきます!

    • 推しアイテム:フクピカ
  • クニムネ

    クニムネ

    広報部イチ、トレンドに敏感なボス。
    ゴルフはスコアよりもクラブにこだわる道具フェチぶりをブログでも披露します?!

    • 得意なジャンル:ボディケア
    • 推しアイテム:洗車研
  • タナカA

    タナカA

    広報部イチの頭脳派でありながら、馬を愛する孤高のギャンブラー。
    本命なんて無視と言わんばかりの独自の視点で"オモロイ"ブログを提供します!

    • 得意なジャンル:ガラスケア
    • 推しアイテム:ガラコ
  • オオモリ

    オオモリ

    広報部のニューフェイス、週末はカメラ片手に写真を撮りまくるカメラ女子。
    こだわりの写真とともに、カーケア初心者の目線で、初めてでもわかりやすいブログをお届けします。

    • 推しアイテム:ルームピアシリーズ