ボディ洗車I(シャンプー洗車)

他にバケツやホースは必要だけど、ざっとこんなところかな。
スポンジは柄付きのものがあるとベンリ。拭き取りはタオルでもいいんだけど、“吸水力の高い”クロスをお店で探してみよう。
時間も手間もグーンと短縮できて、じつにオススメだ!

1.シャンプーを作る

泡たっぷりのシャンプー液を作ろう!

泡たっぷりのシャンプー液を作ろう!

ヘアシャンプーや洗顔ソープと同じで、カーシャンプーは汚れをコスリ落とすのではなく、泡のチカラで浮き上がらせて落とすんだ。

泡をたっぷり作ってやることがラクしてキレイに洗うポイントだよ!

OK!泡立ては得意よ!どえーい!コラコラAYAちゃんちがうって...
水を勢いよく注ぐのがコツなんだって!

水を勢いよく注ぐのがコツなんだって!

空のバケツに規定量のシャンプー液を入れて、蛇口全開で勢いよく水を注げば泡がモコモコできるわよ!
ホースの場合は先を細めて勢いよく水を注ぐといいんだって!

規定量はシャンプーによって違うので、商品の説明をちゃんと読んでね。

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

カーシャンプーにはスポンジに直接とって使うタイプもあるんだ。

水を含ませたスポンジに直接シャンプー原液をとって洗った方が効果的なタイプもあるよ。
使う前に商品の説明をちゃんと確認しよう!

カーシャンプーにはスポンジに直接とって使うタイプもあるんだ

2.タイヤの洗車

洗い始めはタイヤから。

洗い始めはタイヤから。

一番汚れているタイヤ・ホイールを最初に洗ってしまおう。後回しにするとせっかくキレイにしたボディに泥汚れが飛び散って台無しってこともあるよ。

まず水をかけて泥や砂を大まかに落としてから、シャンプー液を含ませたスポンジで、洗っていこう。すすぎを忘れないようにね。

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

ボディ用とタイヤ・ホイール用でスポンジを分けよう!

タイヤやホイール洗いに使ったスポンジには細かな泥汚れやブレーキダストが目詰まりしているよ。そんなスポンジでボディをこすったら、当然キズついてしまうよね。
間違えないように色違いのスポンジを買ってもいいし、古くなったボディ用をタイヤ・ホイール用に回してもいいね。

ボディ用とタイヤ・ホイール用でスポンジを分けよう!
次はボディの水洗いだ!

次はボディの水洗いだ!

ホコリや砂が付いたままスポンジで擦ったりするとボディをキズつけてしまうよ。

天井→窓→ボンネット→トランク→サイド→→バンパーという順番で上から下へ水をかけていくのがポイントだね。

次はボディの水洗いだ!
こすっちゃダメなんだって~

こすっちゃダメなんだって~

泥汚れや砂ボコリをこすり落とそうとするとキズがついちゃうんだって。
水圧で汚れを流し落とす感じで洗うといいわよ。

汚れにホースやシャワーのノズルを近づけて強めに流すとうまくいくわよ!

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

ホースがボディに当たらないように注意!

ホースでボディをこするとキズつきの原因になることがあるから気をつけよう。
特に天井やボンネットの奥の方に水をかける時に当たりやすいから要注意だよ。

ホースがボディに当たらないように注意!

3.ボディの洗車

軽くなでる感じでOK!

軽くなでる感じでOK!

たっぷりの泡とシャンプー液をスポンジに含ませて、スポンジが少しつぶれるくらいのチカラでスイスイ洗っていこう!

力を入れてゴシゴシこするとキズつきの原因になりかねないよ。水アカなど部分的に汚れのひどいところは少し強めにこすっても大丈夫。手の届きにくい場所には柄付きのスポンジが便利だよ。

順番は上から下。部分ごとにすすぐのがコツね。

順番は上から下。部分ごとにすすぐのがコツね。

せっかくシャンプーで浮き上がらせた汚れが乾いて、またボディにこびりついてしまう前に、たっぷりの水で洗い流しましょうってコト。

特に夏場や気温の高い時期は「部分ごとにシャンプーしては流す」をこまめに繰り返すのがオススメよ!

こんなところは使い古しの歯ブラシで!

スポンジの当たらないスキマや凹部の汚れは、歯ブラシにシャンプーの原液を少しつけて軽~くブラッシングしてみよう!

※ 強くこすりすぎるとキズつく場合がありますのでご注意ください。

おっとー歯ブラシとっといてラッキー☆そんなに使わないから...

4.水滴の拭き上げ

吸水性の高い洗車用クロスを使うとラクできる!

吸水性の高い洗車用クロスを使うとラクできる!

ふつうのタオルの何倍もの水をグングン吸い取るのでビックリするほどカンタンに拭き取りが終わるよ!

タオルタイプやスポンジタイプなどいろいろな種類があるので、お店の洗車用品コーナーで探してみよう!

ラクチン速攻の拭き取りテクニック!

ラクチン速攻の拭き取りテクニック!

濡れたボディに広げたクロスをペタッと置いて、手前に引っ張ると簡単に拭き取れるわよ。
ボンネットやルーフなど、広いところにオススメね!

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

ボディの拭き取りは水滴を残さないようにしっかりと!

気温が高く水が乾きやすい時期は特に注意!
水道水に含まれるカルシウムや塩素などが短時間で乾燥すると「イオンデポジット」と呼ばれる輪ジミになって、普通の洗車では落とせなくなってしまうんだ。

ボディの拭き取りは水滴を残さないようにしっかりと!
おおおーピカピカだー ATSUSHIにも教えてやろっと!