1. ソフト99 トップ
  2. 商品情報
  3. 洗車
  4. ガラス・ミラー 撥水剤
  5. ぬりぬりガラコ ギガ丸

ぬりぬりガラコ ギガ丸

  • NEW
  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03
  • メイン写真
  • 製品写真01
  • 製品写真02
  • 製品写真03

ガラコ生誕30年を記念した数量限定のガラコユーザー謝恩企画商品。
塗りタイプのガラコ史上最大サイズとなる300mlの大容量タイプ。『ぬりぬりガラコデカ丸』の約2.5倍の容量で、中型車のフロントガラス約17台分に施工が可能です。手のひらにもフィットして塗りやすい形状とドデカヘッド搭載により、作業もラクラク行えます。もちろん、「ガラコ」ならではの雨ハジキ性能はしっかりと発揮、雨天運転時のクリアな視界確保を実現します。

商品名 ぬりぬりガラコ ギガ丸
JANコード 4975759802204
内容 300ml
成分・材質 シリコーン、酸、アルコール類
保管及び廃棄方法 ●保管の際は密栓し、直射日光の当たる所や温度が40℃以上になる所、車内には保管しない。
●廃棄の際は中身を使い切ってから捨てる。
メーカー希望小売価格 オープン

商品の使い方

※施工前にガラス面の汚れやホコリを水洗いでよく落とし、完全に乾燥させる。

①ボトル先端のキャップを反時計回りに回してはずす。

②液が飛び散らないようにフェルト部をガラス面につけ、ボトル側面を押して液を少し出し、やや強めにこすりながら塗り残しが無いように塗り込む。

③5〜10分乾燥させ、固くしぼった濡れタオルで拭き上げると完了。

※視界不良やワイパーのビビリの原因になるため拭き残しが無いように拭き上げる。

※施工後はガラス面にムラが無いことを確認する。ムラが残った場合はその箇所に再度液をなじませるように塗布し、すぐに拭き取る。
    • <作業上の注意>
      ●ガラス面以外に液がつかないようにする。塗装がはがれることがあるので、万一ボディなどに液が付着したらすぐに拭き取る。
      ●キャップを開ける際、フェルト面を人体に向けない。
      ●液が飛び出す恐れがあるので、フェルト面に目を近づけない。
      ●炎天下、 ガラスが熱い時には使用しない。
      ●気温が10℃以下の場合は作業を避けるか、暖房やデフォッガーでガラスを温めながら作業する。
      ●ガラス面に水滴が残っているとじゅうぶんな効果が得られないので水分を拭き取り、完全に乾燥させてから使用する。
      ●液量が多すぎたり、他のコーティング膜や油膜が強く付着している場合、液ハジキがおきやすくなる。
      ●初めて使用する場合、他のコーティング膜や油膜が強く付着しているとじゅうぶんな効果が得られないことがある。この場合は別売のコンパウンド(研磨材)入り油膜クリーナーで下地処理してから使用する。
      ●塗りムラや拭き取りにくくなる原因になるので、液を塗ったまま長時間放置しない。
      ●キズの原因になるので、フェルトに砂·小石などがついた場合はフェルトをはずして水洗いで落とし、完全に乾燥させてから使用する。(フェルトに水分が残っているとじゅうぶんな効果が得られない)
      ●使用後はキャップとボトルの位置合わせマーク (中心が分割された●のマーク)が合うようにキャップの止まる所まで閉めて保管する。(キャップを強く閉め過ぎるとネジが破損するので注意する)

      <使用上の注意>
      ●用途以外には使用しない。
      ●ガラス専用なので透明プラスチック(ヘッドライトなど) やヘルメットシールド·眼鏡·ゴーグルなどには使用しない。
      ●車両の取扱説明書を確認の上、使用する。
      ●車内外の温度差が大きい時、ワイパー作動により瞬間的に白くくもることがあるので注意する。
      ●ワイパーゴムが劣化しているとワイパーがビビることがあるので不良の際は交換する(ガラコワイパー推奨)。
      ●窓ガラスの内側には使用しない。
      ●特殊加工処理されたガラス、サイドミラーには使用しない。
      ●使用後はよく手を洗う。
      ●使用状況により持続性が短くなることがある。雨ハジキが弱くなってきたら再度施工する。
      ●ウインドウォッシャー液は油膜除去剤の入ったものは使用しない。水または撥水型ウインドウォッシャー液を使用する(ガラコウォッシャー推奨)。
    • 吸入飲用不可:人体に害があるので吸入、飲用しない。
      ●目·皮フに接触しないよう注意する。
      ●皮フの弱い人はかぶれる恐れがあるので保護手袋を使用する。
      ●引火性があるので火気に近づけない。
      ●逆光の時やトンネルなどの暗闇から抜けた時、一時的に白くなる場合があるので注意する。すぐにワイパーを作動させ、視野を確保する。
      ●子供や認知症の疑いのある方の手の届く所に置かない。
      ●万一飲み込んだ場合は無理に吐かせず直ちに医師の診断を受ける。
      ●誤って目に入った場合は直ちに清水で15分以上洗浄し、皮フに付着した場合は直ちに清水でじゅうぶん洗浄する。異常がある場は医師の診断を受ける。
      ●使用中に気分が悪くなった場合は直ちに使用を中止し、気分が回復しない場合は医師の診断を受ける。

商品別Q&A

同様のトラブル・症状を解決する商品

ガラス・ミラー 撥水剤一覧へ