1. ソフト99 トップ
  2. 法人のお客様へ
  3. 業務用品 自動車
  4. ボディ用 コーティング
  5. ハイモース コート ザ・ネオ

ハイモース コート ザ・ネオ

  • メイン写真
  • 展開写真
  • メイン写真
  • 展開写真

モース硬度レベル8の超高硬度被膜が生み出す気高いほどの光沢を、G'ZOX史上最高の撥水・耐久性能で守り抜く、2層構造のガラス系ボディコーティング。 ベース層に強力な架橋によって高いバリア性を発揮する新開発の「超高硬度ガラス系プライマーコート」を、トップ層には驚異的な撥水・撥油性能を発揮する「フッ素系トップコート」を施工することで形成されるガラス状のコーティング被膜は、まるで真球のような水滴を生み出し、従来タイプ同様、水系・油系の汚れを寄せ付けず、長期間にわたって美しいボディを維持します。

商品名 ハイモース コート ザ・ネオ
JANコード 4975759033707
内容 ハイモース コートプライマー 80ml
ハイモース コート ザ・ネオトップコートA 63ml
ハイモース コート ザ・ネオトップコートB 7ml
穴あき中栓×2個
トップコート塗布用パッド×1個
プライマー塗布用クロス×1枚
プライマー拭き上げクロス×1枚
トップコート塗布用クロス×2枚
トップコート拭き上げクロス×1枚
仕上げクロス×1枚
成分・材質 ハイモース コートプライマー:ケイ素化合物、ミネラルスピリット、ノナン
ハイモース コート ザ・ネオトップコートA:フッ素系溶剤
ハイモース コート ザ・ネオトップコートB:フッ素系溶剤、フッ素系化合物
メーカー希望小売価格 -

商品の使い方

【本品は業務用となります。一般の方はご購入ならびにご使用いただくことはできません。また、業者の方であっても、本品の取り扱いには弊社が開催する講習会の受講が必要となります。】

1:プライマー層形成

①プライマーに穴開き中栓をセットします。

②プライマーをプライマー塗布用クロスの全体にまんべんなく含ませ、直線状にムラや隙間のできないよう塗布します。

※必ずボンネット・ドア・ルーフなど部分ごとに塗り広げてください。

※ボディーが熱い場合は必ず冷やしてから作業してください。

③乾き始める前にもう1枚のプライマー拭き上げクロスで拭き上げていきます。

※プライマー液塗布後、30~60分程度乾燥させてください。



2:トップコート層形成

①使用直前にトップコートA液にB液を全量入れてキャップを閉め、20回ほどしっかりと振って混ぜてください。

※液剤混合後は1時間以内にご使用ください。

②混ぜ終わったトップコート液のビンに穴開き中栓をセットします。

③トップコート塗布用クロスをトップコート塗布用パッドに巻きつけ、トップコート液を全体にまんべんなく含ませ、直線状にムラや隙間のできないように塗布します。

※液がかすれるとキズが入る原因になります。必ず全体にまんべんなく液を含ませ塗布してください。

④約5~10分乾燥させ、トップコート拭き上げクロスで拭き上げます。

※液剤が揮発していない場合は、必ず完全に乾燥させてから拭き上げてください。



3:仕上げ処理

①トップコートの拭き上げ後、60分以上乾燥させます。

※ブースでの加熱処理(60℃×30分程度)で乾燥時間の短縮が可能です。

②仕上げクロスを水に濡らし軽く絞った後、ボディーを拭き上げて作業終了です。

※繰り返し拭くとムラになる場合がありますので、軽く均一に仕上げてください。

関連コンテンツ

ボディ用 コーティング一覧へ