Q16 ホイールの黒っぽい汚れが落とせない...

Q16 ホイールの黒っぽい汚れが落とせない...

汚れの正体は長い間放置した鉄粉(ブレーキダスト)

MASAHARU
シャンプー洗車では落とせない汚れだよ。

ブレーキダストはブレーキ使用時に摩擦で削られたブレーキ部品の金属カスのこと。摩擦熱でとても高温になっているからホイールに飛び散ると焼付いてしまうんだ。しかも放置すると酸化が進行して、ホイールの塗装表面に食い込むように固着してしまう。こうなるともう普通の洗車では落とせないよ。

長い間放置した鉄粉(ブレーキダスト)
長い間放置した鉄粉(ブレーキダスト)
ATSUSHI ただの黒い泥汚れだと思ってた...
次へ

専用のクリーナーで落とそう

MASAHARU
ブレーキダスト専用のクリーナーがあるよ!

カーシャンプーでは落としきれないブレーキダストを化学のチカラで分解して落とすんだ。
泡スプレータイプで、ホイールの塗装は傷めない成分でできているから安心して使えるよ。

スプレーしてこするだけ!
ATSUSHI
スプレーしてこするだけ!

水をかけて砂やホコリを落としたホイールにスプレーしてね。
2〜3分待ってから、付属のスポンジでこすると汚れが浮いてくるよ。
あとは水でしっかりすすいでタオルで拭き上げればOK!

MASAHARU
幅広い素材のホイールに使用できる!

アルミホイールはもちろん、メッキや鏡面仕上げホイール、鉄製ホイールまで幅広く使えるんだ。
ただし、樹脂素材には使えないから樹脂製のホイールキャップ等は事前にはずしてから作業しよう。

幅広い素材のホイールに使用できる!
クリーニング前 クリーニング後

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

それでも落ちない頑固なブレーキダストには「強酸タイプ」のクリーナー

MASAHARU

酸化が進み、塗装へ強固に食い込んでしまった鉄粉は、専用のクリーナーでも落とせないことがあるよ。そんな汚れは強酸タイプのクリーナーで根こそぎ溶かし落としてしまおう!

頑固なブレーキダストには「強酸タイプ」のクリーナー

※一般的なアルミホイールやマグネシウムホイール用。鉄製ホイールや再塗装されたホイール、メッキやメッキ調、アルマイト処理等の特殊な加工・塗装をされたホイールには使えません。

ATSUSHI よかったー このまま汚れないといいのになー

MASAHARU センパイの洗車豆ちしき

ブレーキダストが固着する前に定期的にクリーニングするとラク

MASAHARU

鉄粉汚れの固着が進まないうちならラクに落とせるよ。強酸タイプのクリーナーが使えないホイールは特にこまめに手入れしておこう。
シートタイプのクリーナーなら気づいた時に拭くだけで手間もかからないよ。

フクピカホイール専用拭くだけシート
ページトップへ